Going my way

ニートから会社員へ舞い戻ったアラサーの記録

ヨーロッパ旅行記⑩

6月30日-7月5日@キエフ・リヴネ・オデッサ

6月30日・7月1日-2日

キエフ&リヴネ(恋のトンネル)

ベラルーシの首都ミンスクから夜行列車に乗ってウクライナの首都キエフに到着。

朝9時頃に着きました。

 

夜行列車の寝台、めちゃくちゃ綺麗でしたよ!

清潔なベッドシーツとふわふわの枕、掛け布団まで搭載されていました。

インドの夜行列車でSleeper Classを経験した人間なら全員驚くこと間違いなし。

 

唯一辛かったのが午前3時に出国審査のため、叩き起こされたこと。

あまりにも眠たくて何をしたのかほとんど覚えてないです・・・笑

凄い厳重にビザをチェックされた記憶だけ残ってます。

 

f:id:elmoloveme93:20180317171130j:plain

キエフの駅の正面写真

 

f:id:elmoloveme93:20180317171251j:plain

キエフの駅の内部

駅の中はお洒落な造りでした。

 

駅から宿泊先のゲストハウスまで歩きながら感じたこと。

”なんだこの貧しいアジア感・・・”

今までのヨーロッパの国々では感じたことのなかった

貧しいアジアの雰囲気を強烈に感じ取りました。

歩道や建物が結構ボロくて、

ごちゃごちゃしている駅前の景色がなんとなくインドの各地で見た光景と

重なり、余計にアジアっぽく感じたのだと思います。

だから最初はキエフに対してマイナスイメージしか持てませんでした。笑

 

宿泊先は地図の位置情報とは異なってビルの地下にあり、

管理人の男性がお酒臭い状態で出迎えてくれました。

キエフって貧しいのか?ここは本当にヨーロッパなの??

 

午後からチェルノブイリ博物館を訪れるため、地下鉄に乗って移動。

地下鉄はロシアのものとよく似ていました。

地下鉄の入り口で日本雑貨を取り扱っているお店のチラシを配っていまして、

その配っているウクライナ人のお姉さんが最高に美人で可愛かったです。

(しかも浴衣姿でしたよ、羨ましいでしょ。笑)

 

f:id:elmoloveme93:20180317171236j:plain

ウォールペイントが素敵!

 

 

f:id:elmoloveme93:20180317171410j:plain

チェルノブイリ博物館①

 

f:id:elmoloveme93:20180317171731j:plain

チェルノブイリ博物館②

皆さんにはこの赤いのは何に見えますか?

 

 

チェルノブイリ博物館の展示物は撮影料を支払えばカメラ撮影OKです。

また、日本語の音声ガイドを実質無料でレンタルできます。

※レンタルの際にデポジット必要。

 

音声ガイド付きで全ての展示をゆっくり見て回りたい方は、

なるべく早い時間から入場しておくことをおすすめします。

閉館時間が意外に早いので、私たちは結構早足で見学しました。

 

まず、博物館の入り口付近に東日本大震災に関する展示がありました。

日本の原発事故の展示から始まり、

次の部屋からチェルノブイリ原発が発生するまでの経緯が丁寧に展示されていました。

 

原発事故の現場で着ていた当時の作業服が天井からぶら下がっていたのは

照明効果もあって、薄ら怖かったです。

 

入場料も安いですし、

是非キエフへ訪れた際はチェルノブイリ博物館にも足をお運びください。

Ukrainian National Chornobyl Museum

 

 

 

 

翌日7月1日は、2日の早朝に恋のトンネルを見に行くため、

リヴネという田舎にあるモーテルを目指して長距離バスで移動しました。

 

バスの運転手さんに交渉して、

バス停はありませんが特別にモーテルのすぐそばで降ろしてもらいました。

何もない田舎に集団で降りていく私たちアジア人。

他の乗客から訝しい目で見られました。笑

 

f:id:elmoloveme93:20180317172738j:plain

こちらが前泊するために利用したモーテル

思ったよりメルヘンチックな外観。

 

f:id:elmoloveme93:20180317172804j:plain

やだ、なに、このマスコットキャラ的な。

ここはデ◯ズニー???

 

f:id:elmoloveme93:20180317172821j:plain

小人、もしくは木こり??

よくわからないけど夜中に見たらめっちゃ怖い奴やん←←

 

 

3人部屋と2人部屋に分かれて宿泊しました。

レストランとkioskがモーテルの敷地内にありました。

部屋の写真は撮っていませんが、綺麗でしたよー。

 

 

f:id:elmoloveme93:20180317172944j:plain

日暮れの風景

夜は星が綺麗に見えました。

インド・ジャイサルメールの砂漠には負けますが。

 

 

翌朝、7時過ぎに出発するローカルバスで恋のトンネルの近くまで移動。

バス停からしばらく歩くとこんな看板が!

 

f:id:elmoloveme93:20180317173030j:plain

恋のトンネルまで1.3km!!

 

実はこの後、終始ビクビクしながら歩く羽目になるのですが、

そのネタばらしは最後の方にしますね。

 

 

黙々と歩くこと数十分。線路が見えてきました!

 

f:id:elmoloveme93:20180317173050j:plain

天気が良くてなによりでした。

 

 

f:id:elmoloveme93:20180317173110j:plain

ついに”恋のトンネル”到着です!!!

   

  ⇓

  ⇓

  ⇓

  ⇓

  ⇓

 

 

f:id:elmoloveme93:20180317173130j:plain

これが噂の✨恋のトンネル✨✨

実際に行ってみた感想ですが、蚊が多いです。

しかも日本の蚊とサイズ感おかしいんです。

でかい。そしてまとわりついてくる。

虫除けスプレーは日本から持ってきていたのですが、

服の上からスプレーしても写真を撮っている間に奴らはまとわりついてきました。

 

だけどやっぱり美しかったです✨

ここは是非、恋人同士で訪れて頂きたいですね~♡

他の観光客がいない間にみんなで好きなだけ思う存分写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

ここでネタばらし。

恋のトンネルはとっても綺麗で最高だったんですが、

何が残念だったかというと、、、、

f:id:elmoloveme93:20180317174021j:plain

まさかの野良犬祭り。泣泣

”蚊が多いから虫除けスプレーを持って行った方がいいよ”

という情報は多数見かけましたが、

”野良犬たちがたくさんお出迎えしてくれる”

なんて情報はどこにもありませんでしたよ。。。(T_T)

 

そしてこの子たちが恋のトンネルの中にまでついてくるから

もう本当に心が死にそうでした・・・笑

 

これから恋のトンネルに行こうとお考えの皆さん、

野良犬には気をつけてくださいね。

特に私のような大の犬嫌いには地獄です・・・(*_*)