Going my way

ニートから会社員へ舞い戻ったアラサーの記録

ヨーロッパ旅行記⑨

6月29日@ミンスク

昨日獲得できたトランジットビザを使って、ベラルーシの首都ミンスクへ移動。

イミグレーションは列車の中で行われました。

ロシア入国と同じように、小さな入国申請用紙に必要事項を書いて提出。

 

ベラルーシの通貨は独自通貨のため、まずは現地通貨の獲得に一苦労。

駅ナカに両替所があったので、

そこで一緒に旅していた全員分まとめて上限を決めて両替しました。

一日しか滞在しないのでたくさん両替しても勿体無いので。

 

f:id:elmoloveme93:20180314214524j:plain

駅から一歩外に出ると迎えてくれたのがこの景色!

ソビエト時代の共産主義がここにはまだ残っています。

 

 

f:id:elmoloveme93:20180314214603j:plain

駅近くにあった大型ショッピングモール。

マクドナルドがありました。

 

本日の目的地であるミール城まで行くバスが到着するまでだいぶ時間があったので、

みんなで近くを散策することに。

これと言って目新しい建物は何もなく、

小規模のスーパーで売っている商品がロシアからの輸入品だからなのか

割高に感じました。

 

f:id:elmoloveme93:20180314214638j:plain

こちらが本日のメイン、『ミール城』です!!!

めっちゃ可愛い!!!!!

苦労してバスのチケットを獲得して来た甲斐がありました。

※チケットカウンターのおばちゃん⇒英語喋れない

 私たち⇒ロシア語、ベラルーシ語ともに喋れない

 ▷▷Google翻訳のアプリを使ってなんとか意思疎通できました(?)

 

お城の中の展示物はあまり興味を惹かれるものはありませんでした。

個人的に歴史関係の博物館にはあんまり関心がないので仕方ないです。

 

帰りのバスのチケットを買おうと思ってチケットカウンターを探してみたものの、

それらしき売り場はどこにもなく、あるのはkioskだけ。

インフォメーションセンターのお姉さんに詳しく聞いてみたところ、

”お客が事前に手配しない限りバスは来ません”とはっきり言われました。笑

 

しかしお姉さんが優しい方で、ここで手配をしてくれると仰ってくださいました!

しかも、”ここで休んでいいよ”と、

エアコンの効いたオフィス内でソファーに座って待っていても良いと言われ・・・

天気が良すぎて暑かったので非常に助かりました・・・泣泣

 

 

f:id:elmoloveme93:20180314214702j:plain

ミンスク中心に戻ってきて、まずは腹ごしらえに。

ベラルーシに入国してから売店で買ったピロシキのようなパンと

スーパーで買った桃しか食べていなかったので、正直かなりお腹が空いていました。

 

上の写真の料理は『ドラニキとお肉のスープ』です。

名前がとってもよく似ている”どら焼き”に見た目がそっくりですが、

ジャガイモ味でもちもちとした食感でした。

美味しかったのであっという間に平らげました。

 

 

f:id:elmoloveme93:20180314214720j:plain

駅の近くにあった協会。中の見学は自由でした。

 

 

f:id:elmoloveme93:20180314214733j:plain

ミンスクの観光スポット『革命広場』

外観はどこにでもある普通の広場なのですが・・・

 

f:id:elmoloveme93:20180314214749j:plain

なんと地下にショッピングモールが隠れていました!

これには結構驚きましたねー。

観光客がほとんどいないので、割と閑散とした印象がありました。

 

 

個人手配でベラルーシに行こうなんて

今まで考えたことありませんし、今回、旅好きなメンバーで貴重な経験ができて

人生の良い糧になりました。

 

滞在時間の制限があるため、

日付が変わる前に夜行列車で次の目的地へと向かいました。

ちなみに出国審査は夜中の3時でしたねー。

あまりにも眠すぎてほとんど記憶がありません。笑

 

 

 *ベラルーシ通過ビザの取得方法は以下の記事、下段に記載しています♪

goingmyway.hatenadiary.com