Going my way

海外旅行が大好きな半ニートの記録

インド一人旅振り返り②

4月6日

昨日市内案内をしてくれた友達が手作りカレーをご馳走したいと言うので、

午前中にチェックアウトを済ませ、友達と待ち合わせてメトロに乗り、

友人宅へ向かいました。

 

デリー市内から少し離れた場所に友人宅はありました。

マンションの一室でお兄さんと暮らしており、

実家はカマストラテンプルで有名なカジュラホーだと言っていました。

日本語を勉強するためにデリーで生活しており、

実家にいる妹に会えないのが寂しいそうで。

 

ベジタリアンだからいつも食べている野菜のカレーを作ってあげると言い、

近場で野菜を調達してきてくれました。

野菜を切って、炒めて、ガラムマサラと水を加えて弱火で火を通し、

数分放置して完成。

インドのガラムマサラは最強。

これさえあれば誰でもインドカレーを一瞬で作れます。笑

 

私が日本人だからという理由で、わざわざお米まで炊いてくれました。

しかも大量に。笑

本当に有難かったです。感謝。

 

食事の後は列車の時間までチャイを飲みながらダラダラと過ごしていました。

『バラナシなんか行かなくていい!ここより暑いし!

 ずっとデリーにいていいんだよ?

 それか、バラナシに行った後、デリーに戻っておいで!』

何とかして私を引き留めようとする友達。

インド人のこういう所が面倒臭いんだよなぁ。

適当に聞き流しながらお喋りしていると夕方近くになったので、

『そろそろ列車に乗らないといけないから駅に行きたーい』

と宣言し、友達が捕まえたリキシャに乗ってニューデリー駅に向かいました。

 

ニューデリー駅って思ってたよりもずっと広くて驚きました。

実は列車のチケットも事前に友達が手配してくれていて、

チケットの見方から駅のホームの探し方まで全部教えてくれました。

自分は列車に乗らないのにわざわざチケットを買って、

駅のホームまで案内してくれたのも凄く助かりました。

結構時間ギリギリで焦ったけど。

 

 

PM18:55、バラナシ行きの列車が出発。

座席はスリーパークラス、三段ベッドの真ん中でした。

インド人だらけのローカルな環境の中、

珍しく誰にも話しかけられることはありませんでした。

PM21:30頃、隣に座っていたおじさんが

『Do you want to sleep?』

と尋ねてくれたので、

『Yes!!!!!』

と全力で答えました。(実は数時間前から眠たかった)

荷物は全てベッドの上に乗せて、枕代わりにして眠りました。

 

 

 

4月7日

AM6:30頃、ふと目が覚めたと同時に昨日のおじさんと目が合いました。

今思えば数分前からずっと私のことを見てたんだろうなぁ。

『下に降りてきなさい』

と目とジェスチャーを使って指示されたので渋々ベッドを降りて下へ。

すぐさま私が寝ていたベッドは解体され背もたれに。

寝起きだったのでぼーっとしていたら、

AM7:15、終点駅に到着。

おじさん、起こしてくれてありがとう。

 

Manduadihという駅からリキシャーで

ガンガー近くの交差点まで行く必要があったので、早速リキシャーマンと価格交渉。

100ルピーを提示してきたリキシャーに乗って交差点に向かい、

そこから徒歩で予約してあったサンタナバラナシを目指しました。

 

朝食付きで女子ドミ一泊200ルピー。

まじでバラナシは物価が安い!

ベッドが空いていたので部屋に案内してもらい、しばらくぐったりしていました。

 

お腹が空いたのでラッシーでも飲みに行くかと思い、

真っ昼間に灼熱のガンガーを歩いていると、また新たな出会いがありました。

 

f:id:elmoloveme93:20170804131255j:plain

f:id:elmoloveme93:20170804131341j:plain

 

 

続く。