読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

海外旅行が大好きな半ニートの記録

睡眠薬強盗に遭ってから帰国するまでの話

一つ前の記事ではインド・コルカタ睡眠薬強盗に遭った詳細を書きました。 

goingmyway.hatenadiary.com

 

 今回は被害に遭ってから帰国するまでの経緯についてまとめます。

私の場合、現金やクレジットカード以外に身分証であり、出入国に必要なパスポートも盗まれました。

また、唯一の連絡手段である携帯電話まで失いました。

(貴重品を全部盗まれるとは思ってなかった)

 

 まず、パスポートを失った場合、パスポートの再発行か帰国のための渡航書(TRAVEL DOCUMENT)の発行を大使館か領事館に依頼します。

パスポートの再発行は東京の外務省を通じて行われるため、2~3週間ほど時間を要すると言われました。

帰国のための渡航書は必要書類と手数料が揃えば、即日発行が可能だと説明を受けたので、帰国のための渡航書を発行してもらうことにしました。

*帰国のための渡航書(TRAVEL DOCUMENT)発行に必要なもの

 ①本人確認書類(運転免許書や戸籍謄本、または戸籍抄本)

 ②帰りのフライト情報が記載されたE-チケット

 ③警察が発行する紛失・盗難証明書(Police Report)

 ④写真3枚(サイズに規定有り)

 ⑤パスポート紛失・盗難申請書

 ⑥渡航書発行申請書

申請書は大使館・領事館でもらえます。

Police Reportは私の場合、領事館で紹介して頂いた警察署で取得しました。

幸いにも日本人宿であるサンタナコルカタに宿泊していたため、Police Reportの元になる文書はサンタナさんで作成して頂きました。

一番苦労したのは本人確認書類の取得です。

日本から持って行ってた運転免許書もカード類と一緒に盗まれたため、日本から戸籍抄本を取り寄せるしか本人確認を取る方法がありませんでした。

戸籍抄本を領事館宛にFAXかメールで送ってくれるよう、家族に依頼していたのですが、送付方法がわからないの一点張りでなかなか送ってもらえませんでした。

最終的には領事の方から家族に連絡してもらい、最寄りの市町村役場に相談に行くように説き伏せて頂きました。

結果、4月25日にようやくFAXで戸籍抄本が届きました。

 

 家族への連絡の取り方についてですが、携帯電話を失ってから数日間は宿泊先のゲストハウスや領事の方が持っていた業務用の携帯電話を借りて電話してました。

 しかし、家族へ電話をかける頻度が多くなってしまったため、サダルストリート付近にあるISD(国際電話)のプリペイドSIMカードを売っているお店で、簡易な携帯電話と一緒に約3000ルピー(2時間分のチャージ料含む)で購入しました。

 

 また、現金の獲得に関してですが、日本人宿サンタナの場合、日本口座に現金を振り込んでもらうと宿泊先で現地通貨を獲得できるというシステムがあったので、存分に利用させて頂きました。

 

 インドを出国する場合、渡航書が出来上がってからFRROという外国人登録所で出国許可(Exit Permit)をもらう必要があります。

 登録所に必要書類を持っていく前に、ビザ申請と同じような要領で、まずはFRROのオンラインフォームから出国許可の申請をします。

*FRRO(Foreigners Regional Registration Office)Online Application Forms

  http://indianfrro.gov.in/frro/menufrro.jsp

上記のURLをGoogle検索してもらうとオンラインフォームのトップページが出てくると思います。

入力項目が多く、意味がわからない問いもいくつかありました。

また、顔写真のアップロードやResidence Proof(滞在の証明書、別名FormCとも言う)の添付が求められるので、自力ではかなり難しいと思います。

 全ての処理が完了するとAppointment Date(書類を持参する日)の選択画面が現れるので、都合が良い日を選びます。

その後、入力したフォームを印刷し、その他の必要書類と一緒に登録所へ持参します。

*FRROへ持参する書類

 ①印刷したApplication Form

 ②帰国のための渡航

 ③Embassy Letter(渡航書を発行する際に領事館で作成してくださいます)

 ④紛失・盗難証明書(Police Report)

 ⑤帰国のフライトのE-チケット

 ⑥Residence Proof(滞在していることがわかる証明書を持っていく、FormCという書面のコピーが一番良いと思います)

 ⑦顔写真1枚(渡航書に用いた写真と同じサイズのもの)

 

 コルカタのFRROは月~金の11:00am-4:00pmが開館時間だったので、午後12時過ぎに行きました。

 外観からは想像つかないほど質素な事務所だったので本当にここがFRROなのか不安になりましたが、書類を渡して待つこと約3時間。

出国期限がサインしてある渡航書と、パスポートを紛失した旨が書かれているA4カラー刷りの証明書を渡されました!

(なんと、事務手数料は無料です!)

5月2日、これでようやくインドから日本に帰る準備が整いました。

 

 

 非常に長くなってしまいましたが、以上が日本に帰国するまでに必要な手続きです。

パスポートだけは絶対になくしたり、盗まれたりしないように注意してください!

ビザが必要な国でパスポートを失うとすぐには帰国できないので大変ですよ・・・!

 

 

*在コルカタ日本領事館

 Consulate General Of Japan

 55,M.N.Sen Lane,Tollygunge,Kolkata-700040,India

 TEL:+91 33-2421-1970    FAX:+91 33-2421-1971

 ※メトロのTollygunge駅のGate1から地上に出て、右方向に10~15分程歩くと二車線道路がある左側に領事館があります。

 

*FRRO(Foreigners Regional Registration Office)

 237,AJC Bose Road,Kolkata-700020,West Bengal,India

 TEL:033-2290-0549(電話しても繋がらないことが多い)

 ※メトロの最寄り駅はRabindra Sadan駅。徒歩5分くらい。大きな看板が出ているのでわかりやすいです。