読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

ありふれた日常の記録

奨学金返済期限猶予 申請手続き

退職

安定した収入がなくなった為、奨学金返済期限猶予の手続きを行いました。

一連の流れを記しておきます。

 

*申請理由は経済困難?失業中?

 まずは猶予願の書面をダウンロードします。 

 返還期限猶予 - JASSO

 (猶予願の書き方はJASSOのホームページを参照願います)

 猶予願の書面だけでは申請できません。

 申請理由毎に用意しなければならない添付書類があります。

 離職票であったり所得証明であったり、申請する理由によってバラバラです。

 今回、私は会社に籍がある状態で申請をしました。

 この場合の申請理由は『経済困難』に該当するらしいです。

f:id:elmoloveme93:20160719160631j:plain※JASSOのHPより引用致しました。

 上記は10月中に離職する場合の一例です。

 10月より前に申請:経済困難

 10月~翌年4月まで(離職月+6ヵ月)の間に申請:失業中

 5月以降の申請:経済困難に該当

 

*会社に籍がある状態でも申請はできる

 上の表から判断すると、離職前でも申請はできます。

 ただ、申請すれば猶予が認められるのではなく、審査に通れば猶予が認められます。

 審査に通るためには相手を納得させるそれなりの理由が必要であり、

 在職中だとその理由を考えるのが厄介なんですよね・・・。

 なんとか捻り出しましたけれど・・・。

 

*必要書類が揃ったら郵送

 奨学金返還期限猶予願

 ・チェックシート

 ・所得証明などの添付書類(準備する書類は申請理由毎に指定有)

 これらの書類が揃ったら郵送しましょう。

 審査の結果はすぐには判明しません。

 猶予願には、

 返還期限猶予の場合:適用希望月の前々月末までに申請

 (8月から猶予を希望する場合、6月末までに要申請)

 減額返還の場合:適用希望月の前月末までに申請

 (8月から減額を希望する場合、7月末までに要申請)

 このように余裕をもって申請するように書いてありました。

    私は9月からの猶予を希望していたので、7月25日に申請書類を郵送しました。

 

*審査に通りました

 8月17日(水)

    "奨学金返還期限猶予承認通知"という書面が郵送されてきました。

 無事に2016年8月~最大2017年7月分までの返済が正式に猶予されました!

 (猶予は9月から適用されるのかと思いましたが、8月から適用する旨が明記されていました!)

 猶予であって免除ではありませんので返す金額は変わりません。

 働きアリに戻ったら一生懸命返済します・・・。

 ちなみに人的補償の場合、連帯保証人の方にも同じ通知が届きます。

 連帯保証人の方に通知されたくない場合は、一度JASSOへ連絡してみてください。