読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Going my way

ありふれた日常の記録

本の紹介①-カラスの教科書

おすすめの本

カラスって怖くないですか。

今住んでる家の近くに神社があるのですがそこに植わっている大きな木によくカラスが集団でとまっているんです。

この前なんか朝の満員電車の中で遭遇しました。

黒くて大きくてやたらと鳴き声が目立つ。

そんなカラスについて詳細にまとめてある本を見つけました。

カラスの教科書 (講談社文庫)

カラスの教科書 (講談社文庫)

 

こんな親しみやすいカラスの絵、初めて見ました。

表紙だけではなく本の中にもたくさんカラスの絵が登場します。(しかも結構可愛らしい)

 

とても読みやすい文章にも注目です。

私も他人にわかりやすく情報を伝えることができる能力が欲しい・・・。

あと発信力も。

 

カラスの生態について語られた後はカラスに関するQ&Aが続きます。

あまり多くの情報を記載するとネタバレになりますので自粛しますが、この質問集がだいぶ面白い。

"カラスに対してこんなことを疑問に思う人がいるのか・・・?"

って思ってしまうくらいユニークな質問からしっかりとした疑問まで載っています。

 

この本を読むだけで貴方もカラス博士になれます!

もうカラスに遭遇しても怖がらなくて済むかもしれません。

とはいえ、不意に近づかれるとやっぱり怖いです。