Going my way

海外旅行が大好きな半ニートの記録

学歴と人生

私は専門卒の低学歴人間です。

大学全入時代において、専門卒という学歴の頼りなさが半端じゃない。

そんな事を考えていると、このようなブログを見つけました。

"人生、学歴だけじゃ決まらない"なんていう常套句を何度も目にした事があります。

確かにそうでしょう。

才のある人間にとっては。

では大勢多数の凡人は?

やはり卒業した学校によって左右されると思います。

そうじゃないと高学歴を掴み取った人間に対して失礼です。

 

個人的な想いですが、私は大学進学希望でした。

金銭面で諦め、専門学校に通いましたが、コンプレックスは今でもあります。

大学で楽しそうに過ごす高校時代の友人を横目に嫌々就職し、自分よりずっと年上の人間と働くのは本当に辛かったです。

(今でも辛いですけど・・・笑)

 

将来結婚する予定がある、早く自分の子供が欲しい、専業主婦でも構わないなどであれば、話は別です。

ですが、やりたい事がたくさんある、選択肢を広く持ちたい、キャリアを意識しているのであれば、少しでも偏差値の高い学校に進学した方が絶対良いに決まってます。

高卒や専門卒の方を馬鹿にしているわけではありません。

早くから自分の食い扶持を自分で稼いでるのです。

授業料やテキスト代を親に負担してもらってる学生と違って、充分立派に生きてます。

だけれども、学歴は客観的な判断材料として非常に有効なのです。

 

私自身、学歴フィルターによって今後いろいろと苦しめられることになると想定しています。

冒頭でも書きましたが、一応日本は大学全入時代

日本社会を正攻法で生きていきたいのであれば、平均的な学歴とそれなりの社交性(図々しさも含む)、ある程度の妥協が求められると思います。

 

私は現在在籍している会社をこの夏に退職します。

正社員の座を降りることに後悔がないと言えば嘘になります。

学歴フィルターが存在する以上、転職するのも一苦労なんだと考えています。

転職できたとしても所謂"非正規雇用"に収まるのが精一杯なのかもしれません。

生きていくにはお金がかかります。

生活費だけではなく、保険料や年金、住民税の支払いなど。

ですので嫌でもある程度のお金を稼ぐ必要性があります。

どういった雇用形態であっても生きていきやすい世の中に早くシフトしていってほしいものです。