Going my way

海外旅行が大好きな半ニートの記録

少数民族の村訪問&インド最大の塩湖ホワイトラン

9月11日

この日は昨日とは別の少数民族の村へ行き、インド最大の塩湖ホワイトランを見に行きました。

昨夜仲良くなった一人旅のお姉さんもホワイトランに行く予定だったらしく、私たちと一緒に行くことになりました(*^^*)!!

 

今日も一日リキシャで移動。

道路では朝から牛たちが何かを漁っていました。

f:id:elmoloveme93:20161111211350j:plain

 

こんなお洒落なリキシャがあるとは・・・!

(乗り心地は他のリキシャと同じです。)

f:id:elmoloveme93:20161111211434j:plain

 

 

村に行く途中に羊の群れに出会いました。

遊牧民の方が飼っていて、次の牧草地へ向かっているところ。

f:id:elmoloveme93:20161111211507j:plain

 

ラクダにも出会いました。

このラクダも遊牧民の方が飼っており、荷物や人を運ぶための大切な存在。

f:id:elmoloveme93:20161205143903j:plain

 

 

Bhujの中心地からリキシャで1時間くらい走った所にこんな看板がありました! 

"TROPIC OF CANCER IS PASSING FROM HERE."

日本語で北回帰線という意味です。

f:id:elmoloveme93:20161111211509j:plain

 *北回帰線とは・・・

   北回帰線(きたかいきせん、: Tropic of Cancer)は、惑星衛星北半球に位置する回帰線である。(説明文はwikipediaより引用、画像はコトバンクより引用)

  簡単に言うと温帯と熱帯の境目です。

f:id:elmoloveme93:20161205145054j:plain

 

 

北回帰線から更に1時間ほど走った所に今日訪問する少数民族の方が暮らしている村がありました。

 

三角形の屋根をした家が並んでいました。

この写真は家の入口から撮影。

壁に描かれている模様が可愛い。

f:id:elmoloveme93:20161205145856j:plain

 

屋根の内側がとってもカラフルでした!

なんて可愛いんだろう(*´∀`*)

f:id:elmoloveme93:20161111211556j:plain

 

手工芸品を見せて頂きました。

細かくて色鮮やか。

f:id:elmoloveme93:20161205145939j:plain

 

女性陣のみでしたが村の方のご厚意で民族衣装の着付け体験をさせてもらい、凄く貴重な経験ができました。

民族衣装の写真や村の全体的な写真もUPしたいのですが、インターネット上に詳細な情報を載せるのは村の方に対して失礼だと思い、控えました。

 

この村からリキシャに1時間ほど乗り、また別の少数民族の方が暮らす村を訪問しました。

村長から『インターネット上に我々の写真が載るのを好ましく思っていないので村人の写真は撮らないでほしい』と注意されました。

こちらの村では水牛をたくさん飼育しており、初めて見た野生の水牛の群れに大興奮!

家は土壁でできており、屋根は日本の瓦のような丈夫な素材で作られていました。

水牛以外の他に牛、鶏、うさぎ、山羊が飼育されていました。

好奇心いっぱいの表情で私達を見つめていた村の子どもたちやお母さんたちが忘れられません。

 

 

こちらの村からリキシャに揺られること30分。

ようやくインド最大級の塩湖 "ホワイトラン" に到着しました!

f:id:elmoloveme93:20161111211623j:plain

ラクダに引っ張られて移動する観光客

 

f:id:elmoloveme93:20161111211624j:plain

何にもない白砂漠。

わかりにくいですが写真奥に見えるのが蜃気楼です。

 

f:id:elmoloveme93:20161111211633j:plain

白砂漠の反対側はまるで海のような景色が広がっていました。

 

ボリビアのウユニ塩湖のような鏡張りの景色を期待していたので期待通りの景色を拝むことはできませんでしたが、インドにこんな白砂漠があるなんて全く知らなかったので、ホワイトランに行けただけで十分興奮しました!!

 

※ホワイトランはパキスタンの国境付近にあるため、パスポートをチェックされます。

 合わせて、ボーダー付近での写真撮影は気をつけて下さい。(塩湖に入れないかもしれませんので・・・)

 

 

ゲストハウスまで直帰するのかと思いましたが、帰り道の途中にあった少数民族の村に寄り道することになりました。

塩湖から1時間30分ほど走ったところにその村はありました。

凄く小さな集落でしたが私たちに対してとてもフレンドリーに接してくれました。

全員分のチャイを作ってもてなして頂いたのも良い思い出です。

f:id:elmoloveme93:20161111212049j:plain

村の男の子が猫を抱きかかえて見せてくれました。

 

f:id:elmoloveme93:20161111212056j:plain

村の女の子が子ヤギを見せてくれました。

なんて可愛いの!

 

 

 

チャイをご馳走になった後、夕日を見に行くことになり、リキシャに乗ること1時間。

道路端から坂を登ったところにあるカフェのテラスからみんなで夕日を眺めました。

吹いてくる風がとても心地よくて幸せでした。

f:id:elmoloveme93:20161111212045j:plain

 

 

 

ゲストハウスに戻ったのは夜7:00。

今日の夜ご飯は一人旅のお姉さんおすすめのレストランにみんなで行くことにしました。

綺麗なレストランだったのでサンダル+砂漠の砂まみれの格好で入店しても良いのか一瞬考えました。笑

料理の味は当たり外れがあったなーって感じでした。

 

f:id:elmoloveme93:20161125172229j:plain

写真左の白いカレーが甘すぎてスイーツかと思いました。

 

夕食を楽しんだ後、ゲストハウスに戻ってお姉さんとお別れしました。

正直凄く名残惜しかったです。

まだ旅のメンバーと仲良くなれていない時にこんなにも喋りやすい人に出会えたのが心から嬉しくて、この人と旅したいなぁって思ってしまったくらいこの時の私にとっては非常に大切な存在でした。

だけどこの人は自分の意志で一人旅を選んだのだから、私も自分の選択肢(旅企画への参加)に従って旅をしようと心に決めました。

 

ブロックプリントの制作現場を見学&少数民族の村を訪問

9月10日

この日は朝からリキシャに乗ってブロックプリントの制作過程を見に行きました。

 

✻ブロックプリントとは・・・

 インドの伝統技法。

 スタンプの要領でインクをつけて生地に隙間なく押していく。

 数十メートルはある生地にインドの職人は驚くべきスピードで版を押していく。

 ブロックプリントに見られるかすれや滲み、柄のずれはインドの手仕事の素朴な温かみが表れている証。

 

まずは職人が仕事をしている工房を見学しに行きました。

 

生地にスタンプを押している場面

まさに職人技!

f:id:elmoloveme93:20161019212330j:plain

f:id:elmoloveme93:20161023170741j:plain

 

スタンプの木片

いろんな柄がありました

f:id:elmoloveme93:20161019211707j:plain

 

出来上がった生地にニスのようなものを塗ります

f:id:elmoloveme93:20161019211845j:plain

 

その生地を天日干しにして乾かします

f:id:elmoloveme93:20161023171126j:plain

 

工房の全体図

f:id:elmoloveme93:20161023171817j:plain

個人的に0から1を作る仕事に関心があるので、見学しててとても興味深かったです。

全ての工程が職人の手仕事によって作成されているブロックプリント。

インドに対するイメージが大きく変わりました。

 

 

このあと再びリキシャに乗って、少し離れたところにある少数民族の村を訪れました。

 

この村では女性の方たちが仲良く刺繍をしていました。

いわゆる内職ってやつですね。 

f:id:elmoloveme93:20161023172530j:plain

 

これまでに作成した刺繍の作品

色鮮やか!

f:id:elmoloveme93:20161023172751j:plain

 

 

別の村に行く前にチャイを飲もうとリキシャの運転手のおっちゃんが言い出したので、

道端にあったチャイ屋さんに寄り道しました。

f:id:elmoloveme93:20161023173639j:plain

チャイを飲んだ後、別の村に向かうと思いきや、途中の町で勝手にリキシャが止まりました。

理由を聞くと、今の時間帯(だいたい14時すぎだったと思う)はみんな町に出てきていて、村に行っても誰もいないとの事。

誰もいなくても村に行ってみたかったなぁ・・・。

だけど会いに行く予定にしていた民族らしき方々が町中にたくさん歩いてました。

女性は全身真っ黒、男性は全身真っ白の民族衣装を着ているのが特徴で、写真をUPしたいのですが、写真を撮られることを執拗に嫌っていたため(特に女性が)、ブログに載せるのは控えておこうと思います。

民族の方が写っている写真は何枚かあるのですが、それらは全て隠し撮りしたようなものなので、ここで載せてしまったら今後観光される方の迷惑にしかならないですし、本来は写真なんて撮らずに心の中に焼き付けて帰るのが筋だと思うので、是非現地に行って自分の目で見てください!

 

この町にもチャイ屋さんがあったので、そこで民族の方に混じってチャイを飲んで帰りました。

(ここのチャイ屋さんはコバエがかなりたくさん飛んでた・・・。笑)

 

この日は暑さが厳しい中、一日中外にいたので宿に戻った時にはだいぶ疲れ切ってました。

宿で休んだあとのスケジュールを話し合うため、共有スペースで集まっていたところに、一人の日本人の女性が現れました。

私は昨日、そして今朝もこの方と廊下で偶然出会い、ホワイトランに行く予定があるなら同行させてほしいと言われていたのを思い出しました。

その事を主催の方に話すと、後で一緒にリキシャの運転手と打ち合わせしましょうという事になりました。

 

夜はみんなでご飯を食べに行くことになっていたのですが、私はこの方ともっといろいろ話したいと思ったので、ご飯は食べに行かず、二人で三時間くらい夢中で喋ってました。笑

 

恐怖の野良犬の町、Bhuj

9月9日

AM7:00

初めての寝台列車でちゃんと寝れるかどうか不安でしたが、普段通り熟睡できました。

早朝、列車は西インドの町Bhujに到着しました。

f:id:elmoloveme93:20161018133956j:plain

 

まずは宿探し。

一軒目は断られたので、二軒目のゲストハウスを目指して歩きます。

・・・、なんかこの町、野良犬多くない?

犬は早朝と夜にウロウロしていることが多いとは知っていましたが、なんだか異様に多い気がしました。

犬にビビりながら、なんとか目的地に到着。

BhujではCity Guest Houseというゲストハウスに宿泊していました。

(下の写真は宿の共有スペースです。)

f:id:elmoloveme93:20161018134334j:plain

ダブルルームにエキストラベッドを設置してもらって三人部屋として泊まったのですが、なんとシャワーが一本水。(もちろんお湯は出ません。)

しかも排水口が詰まってしまって床が水浸し状態に・・・。

そのせいでトイレは共有の方を使っていました。笑

 

 

Bhujの町並み

f:id:elmoloveme93:20161018134704j:plain

 

 

しばらく宿でゆっくりした後、みんなでお昼ご飯を食べに行きました。

GOPI GOLAというハンバーガーやピザを売ってるお店に入りました。

ハンバーガーはあんまり美味しくなかった。笑

下の写真はストロベリーサンデー。

これは普通に美味しかった!

f:id:elmoloveme93:20161018134858j:plain

 

お昼ご飯の後は自由時間ということになり、

私は寄り道して帰る二人のメンバーの後をついていきました。 

残りのメンバーは旅行会社に寄って宿に戻るとの事。

 

散策の途中、一人が『ポテチ買えたから先に宿戻っとくね~』と言って一人で戻って行きました。 

もう一人のメンバーと二人きりになり、その子が欲しかったジュースを買えたのをきっかけに私達も宿に戻ることにしたのですが・・・。

宿までの道が結構複雑でわかりにくく、どうやって戻ればいいのかわからなくなってしまいました・・・。

ジュースを買ったお店のおじさんに道を聞くと、リキシャに乗って帰れの一点張り。

絶対に徒歩で帰ると言い返すと、かなりいい加減な道案内をされました。笑

男の人に聞くより女の人に聞いたほうが正しい道を教えてくれるかもしれないと思い、二人で通りすがりの何人かの女性に道を尋ねました。

地元の人なので英語はほとんど通じず、相手の喋るヒンディー語もさっぱりわかりませんでしたが、なんとか宿まで戻ることができました!!

ジュースを買ったお店のおじさん以外は全員正しい道を教えてくれました。泣

 

 

夕方、湖に沈む夕日を見に行こうとみんなでChatedi Lakeへ向かいました。

湖に沈む夕日に私以外のみんなは大興奮。

夕日を背に写真を撮ってはしゃいでいました。

私は何をしていたかというと、ただひたすら泣いていました。

突然泣き出した私に主催の方が一番驚いていました。

精神的に辛かったんです。野良犬が多すぎて・・・。笑

飼い犬さえも苦手な大の犬嫌いなので精神的に辛くて仕方がなかったんです。

早朝、Bhujに着いた時からずっと気持ちは沈んでました。

だけど他のみんなは私のように犬が嫌いではなさそうだったので、『犬が多くて怖い!』なんて言い出すことができず、ずっと気持ちを押し殺してました。

夕日を見に来た湖にも何匹か犬がいて、『また私だけビビってるわ・・・』って思った瞬間、涙が溢れて止まりませんでした。

涙の訳を説明したところ、『怖かったら怖いって言っていいんだよ。長旅なんだから』と言われました。

正直に伝えたところで自分以外の人に自分の気持ちなんて理解してもらえない(私以外のメンバーはそこまで犬が嫌いじゃないから余計にわかってもらえないと思った)、会って一週間にも満たない人間に対してはまだ心を開けないっていう個人的な考えもあって黙っていた事も伝えました。

この企画に参加したのは何かの間違い、すぐにでも日本に帰りたいとも言いました。

(そんなに犬がダメならそもそもインド来るなよ・・・って感じですよね。笑)

『ゆっくりでいいから自分のペースで心を開いていけるといいね。僕たちは待ってるから』

主催の方からはこのように言われました。

ちょっと言い過ぎたなぁ・・・と反省しました。

 

夜は主催の方がカウチサーフィンで繋がった、中南米を旅した経験があるBhuj出身のインド人男性とご飯を食べることになっていました。

約束の時間まで偶然発見したお寺を見学して過ごしました。

インドではお寺も男女で参拝できるエリアに違いがあり、男性のみ立ち入ることができるエリアというのが存在します。

私を含めた女性陣は一部エリアしか入ることができなかったので、結構暇でした。

 

約束の時間から少し遅れた頃、一緒にご飯を食べるインド人男性がようやく現れました!

(私達を乗せていくためにかなり大きな車で来てくれました・・・!)

車で走ること約20分。

彼おすすめのインド料理のお店に到着しました。

 

下の写真はグジャラート州のターリー。

ターリーというのはインドの定食で、数種類のカレーとチャパティとライスがワンセットになっています。

先にチャパティを食べて、最後に残ったカレーとライスを混ぜて食べます。

左のコップの中身はラッシー。

アーメダバードでホームステイをした時にも食後に出されたので飲みましたが、正直言ってかなり不味いです。笑

f:id:elmoloveme93:20161018135038j:plain

 

みんなでターリーを堪能しながら、中南米を旅した時の話や旅中に撮った写真を見せてもらいました。

晩ごはんの後、アイスクリームを食べに行くことになり、アイスクリーム屋さんに寄り道して帰りました。

明日の夜はみんなでビールでも飲みに行こうかと言っていたのですが、急に都合が悪くなり、結局会えませんでした。

こうしていろいろあった一日が幕を閉じました。

 

Swaminarayan Akshardham&Dinosaur and Fossil Park散策、そして人生初の寝台列車

9月8日

この日は朝からアクシャルダム寺院というヒンドゥー教のお寺を見に行きました。

お寺の中は撮影禁止だったので、気になる方は実際に行ってみてください。笑

お金を払えばお寺を背景に記念写真を撮ってもらえます。

出来上がった写真は下のように専用のケースに入れてくれます。

(確か一人100ルピーだったかと思います・・・)

f:id:elmoloveme93:20161017202601j:plain

 

 

お寺に行った後、動物園に行こうとホスト先の方に誘われ、

連れてこられたのがこちら。

恐竜の模型がたくさん置いてある広い公園でした。

f:id:elmoloveme93:20161017202828j:plain

 

恐竜といえばティラノサウルス

f:id:elmoloveme93:20161017203210j:plain

 

イグアノドンもいました。

f:id:elmoloveme93:20161017203516j:plain

 

家に帰ってお昼ご飯。

なんでおうちごはんってこんなに美味しいのだろう。

f:id:elmoloveme93:20161017205221j:plain

 

 

ご飯を食べ終えた後、みんなで休憩していたら、仕事を終えた奥さんが帰ってきました。

夜には寝台列車に乗らなければならないため、バックパックを整理している女子達を見つめる奥さん。

そして一言。

『手と足にマニキュア塗る?笑』

何を思ったのか、女性陣にマニキュアを貸してくれたのです・・・!!!

みんな一気にテンション上がりました!!

しかも両手は奥さんが一人ずつ色を選んで塗ってくれたんです・・・!!

奥さんって書いてますが、さり気なく年齢を伺うと、なんとまだ26歳!!!

マニキュアを塗るだけでほんの少し女子力を取り戻せたような気分になりました。笑

 

 

晩ごはんまで時間があったので、近所を散策。

子どもが器用に綱渡りをしていました。

リードに繋いで散歩しているパグを見かけました。

厳つい野良犬とは違い、凄く可愛く見えました。

f:id:elmoloveme93:20161017205355j:plain

 

PM21:00

インド最後のおうちごはん。

辛いもの(カレー)はこれから嫌でも食べることになるだろうからと、

今夜の晩ご飯はレモンライスでした!

左端のゼリーみたいなものはデザートです。

羊羹みたいな硬さで、とっても美味しかった!!

f:id:elmoloveme93:20161017205509j:plain

 

PM22:30

家を出る前にホスト先の方が私達の旅の安全を祈願してくれました。

その上、駅まで車で連れて行ってくれて、列車が出発するまでホームから見送ってくれました・・・!!

こんなに良くしてもらって、言葉にならないくらい嬉しかったです・・・泣

f:id:elmoloveme93:20161017205633j:plain

 

列車を待つ間、外国人が珍しかったのでしょう、自然とインド人に取り囲まれました。

そんな私達に対して、『文化的なものだから全く気にしなくていいんだよ』と優しく声を掛けてくれたのも鮮明に覚えています。

インド人というとなんとなく悪いイメージが先行しがちですが、こんなに優しさに溢れたインド人も実在します!

騙したり嘘をついたりするのは一部の人間だけ。

 

 

私達が乗る電車がやってきました。

寝台列車の車両はグレード毎に分かれていて、私達が乗ったのはSleeper Classという下から二番目(?)の等級。

仕切りの中に左右3つ、合計6つのベンチシートがあって、普段は真ん中のシートは背もたれとして使われています。

寝る時にその背もたれを上からぶら下がっている紐で吊り下げて、真ん中の寝床を作ります。

一応全席指定なのですが、95%位の確率で知らないインド人が座っています。

ですのでまずは自分の席であることをアピールして退いてもらいましょう。

 

女性は一番上のシートで寝ることをおすすめします。

真ん中のシートでもいいのですが、窓がすぐそばにあるので格子の隙間から物を盗られる可能性があります。

一番下だけは避けてください。

廊下のすぐそばなので、盗難だけではなく、セクハラの被害に合う可能性が大いにあるからです。

 

寝る時はバックパックを枕にして、サンダルはバックパックの下に置いて盗られないようにしていました。

サブバッグはバックパックと繋げて(私はカバンの取っ手をバックパックのショルダー部分に括り付けていました)、ショールをお腹にかけて寝ていました。

車両の中は扇風機しかなかったため、気候のせいもあってそれなりに暑かった・・・。

 

インドの寝台列車初体験となったこの日、向かいのシートには知らないインド人のおじさんが寝ていました。笑

ちなみに列車の中にはちゃんとトイレがついています。

しかし、ドアには鍵が二つあって、片方は外側から開けられるタイプの鍵なので、女性の方は十分に気をつけてください!!!

見ればすぐにどちらがまともな鍵かわかります!!

 

Ahmedabadを後にし、私達は次の町、Bhujへと向かいました。

学校訪問&深夜のマヌークチョーク

9月7日

お昼ご飯を食べた後、ホスト先の奥さんが働いている学校を見学しました。

 

こんな豪華な学校で勤務しているそうです・・・

(ちなみに奥さんは英語の先生)

f:id:elmoloveme93:20161014101554j:plain

 

校舎の中には才色兼備なインドの女神Sarasvathiの像がありました

f:id:elmoloveme93:20161014101714j:plain

 

グラウンドと宿舎

左側にあった食堂も同じような建物でした 

f:id:elmoloveme93:20161014101832j:plain

 

一通り校舎を見学した後、校長先生にご対面しました。

外国人が学校に来ることが珍しかったらしく、是非会いたいという校長先生から申し出を受け、ろくに英語が喋れない日本人が会いに行ってもいいのだろうか・・・と全員で悩みましたが、せっかくなので挨拶だけして帰ろうという事に。

校長先生は女性の方でした。

記念に集合写真を撮影して帰りました。

 

 

PM18:00

家に帰ってゆっくりしていると、ホスト先の方が私達のためにおやつを買ってきてくれました。

下の写真、パニプリと言います。

とっても美味しかった。

f:id:elmoloveme93:20161014102023j:plain

 

 

PM21:00

晩ごはんの時間です。

おうちごはんはやっぱり美味しい!

カレー味でしたが、そんなにスパイスは効いていなくて食べやすかったです。

f:id:elmoloveme93:20161014102209j:plain

 

 

PM23:00

ご飯を食べ終えた後、

ホスト先の方がマヌークチョークという屋台が集まる場所に連れて行ってくれました。

360度インド人だらけ!!!

めちゃくちゃ賑わっていました。

食べもの屋さんだけではなく、風船売りやアクセサリー屋さん、野菜を売ってる人までいました。

この人混みの中を牛がマイペースに歩いていたのが印象的です。

f:id:elmoloveme93:20161014102331j:plain

 

時間が遅く、暗くて危ない&私が極度の犬嫌いのため、ざっと見てすぐに帰りました。

途中、大きな川が流れている橋があったので、そこでみんなで記念写真を撮って、家に帰りました。

ADALAJ STEP WELL (Ahmadabadにある階段井戸)

9月7日

昨夜は女子4人でカーペットを敷いた床に雑魚寝。

メンズは一人がソファー、もう一人がベッドで就寝。

インドに来てたった2日で雑魚寝に慣れました。

翌日7日、Adalajの階段井戸をみんなで見に行きました。

 

階段井戸の入り口

f:id:elmoloveme93:20161014093223j:plain

 

細かい彫刻

f:id:elmoloveme93:20161014093340j:plain

f:id:elmoloveme93:20161014093648j:plain

 

下まで降りていくと井戸発見

f:id:elmoloveme93:20161014093821j:plain

 

観光客で賑わっていました

インド人だけでなく欧米人も何人かいた覚えがあります

f:id:elmoloveme93:20161014100100j:plain

 

井戸の見学を終えた後、ホスト先の友人のレストランでお昼ご飯を食べました。

メニューはチャパティと三種類のカレー。

オクラのカレーが美味しかったです。

 

そしてインド名物『野良牛』

放牧されている牛もいるそうで、全ての牛が野良というわけではないみたいです。

f:id:elmoloveme93:20161014100602j:plain

 

Bengaluru→Ahmedabad

9月6日

昨夜は観光から帰ってきたあと、ホストの方と一緒に自宅で飲み会をしました。

夜の便で日本に帰るメンバーが一人いたので、その方を残りのメンバー全員で見送り、

有名なインド映画『きっと、うまくいく』をみんなで鑑賞。

途中まで見終わったところで、夜の便で合流する新メンバーをピックアップするために主催者の方が空港へ向かいました。

それがきっかけでそろそろ寝ようかーという空気になり、人生初の雑魚寝を経験。

ベッドに三人、カーペットを敷いた床に三人という状態で就寝しました。

(私は床で寝ました。疲れていたからか無事に熟睡できました。笑)

翌朝6日、チャイをご馳走になり、ホストの方が仕事に向かうという事で全員でお見送り。

私たちは夕方の飛行機でAhmedabadへ移動するため、お昼にはホスト先を後にし空港へ向かいました。

 

Bengaluruの空港

f:id:elmoloveme93:20161013224330j:plain

 

こんな美味しそうなケーキが売ってました♡

(もちろんびっくりするほど高かった・・・)

f:id:elmoloveme93:20161013224506j:plain

 

Ahmedabadへ向かうIndigo Airの中から撮った写真

隣の席に座っていた二人の男性が偶然にも日本人だったのでとても驚きました!

お仕事でAhmedabadへ向かうとの事でした。

f:id:elmoloveme93:20161013224702j:plain

 

9月6日 PM19:05

Ahmedabadに到着。

ここでもホームステイをしました。

凄く優しいインド人夫婦のお家にお世話になりました。

初めての夕食で出てきたのがこのカレー。

豆のカレーだったのでそんなにスパイシーではなく、食べやすかったです。

f:id:elmoloveme93:20161013224822j:plain