Going my way

海外旅行が大好きな半ニートの記録

ヨーロッパ旅行記⑥

6月25日-28日@ビリニュス、トラカイ、シャウレイ、カウナス

6月25日・26日

ビリニュス&トラカイ

 

リガから長距離バスに乗って、

25日の午後3時頃にリトアニアビリニュスへ到着しました。

Airbnbで借りたステイ先にバックパックをおろし、一時間ほど休憩した後、

HelloTalkで知り合ったビリニュス在住の19歳の男子大学生に街を案内してもらいました。

 

f:id:elmoloveme93:20170823155828j:plain

Three Crossesという小高い丘から眺めた景色に感動!

赤い屋根が広がる景色は何回見ても飽きないです。笑

 

川沿いの草むらに何かが書かれているのを発見したので

案内役の彼に尋ねてみたところ、

『あれはリトアニア語で“I love you”と書いてあるんだよ』

と説明してくれました!

なんて素敵なんでしょう!!

 

f:id:elmoloveme93:20170823160550j:plain

ちなみに対岸にはリトアニア語で

“I also love you♡”と返事が書かれてありました・・・!!!

海外のこういうユニークな部分が大好き♡

 

 

 

翌日はトラカイ城を見るために

ローカルバスに乗って、トラカイという地域に遠出してきました。

バス停からトラカイ城まで距離があったので、のんびり散歩しながら向かいました。

途中にあった湖がとっても綺麗でした。

f:id:elmoloveme93:20170823160632j:plain

 

 

f:id:elmoloveme93:20170823160715j:plain

歩くこと約30分。

トラカイ城に到着しました。

中の展示を見ようかどうか迷いましたが、結局7ユーロ払って見学しました。

f:id:elmoloveme93:20170823160745j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823160809j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823160830j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823160849j:plain

 

 

 

トラカイ城からビリニュスへ戻り、市内を少しだけ探索しました。

f:id:elmoloveme93:20170823160928j:plain

UZUPIO共和国ってご存知でしたか?

アートが好きな人たちが勝手に作った独立国家らしいです。

f:id:elmoloveme93:20170823161006j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823161029j:plain

橋の下にブランコがぶら下がっていたり、人魚姫がいたり、

なかなかユニークな共和国でした。

 

 

散策を続けていると、

ネパールのストゥーパらしきものを発見。

その周りにもネパール感のある置き石などがありました。

f:id:elmoloveme93:20170823161106j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823161127j:plain

 

 

実はベラルーシの通過ビザを申請するために

朝早くから動いていたので夕方にはもう疲れ切っていましたが、

綺麗な景色とアートを堪能できて楽しかったです。

f:id:elmoloveme93:20170823161208j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823161324j:plain

 

 

 

 

交通費

・リガ-ビリニュス

 長距離バス 料金不明

 大変申し訳ありません。

 いくらだったか忘れてしまいました・・・。

 恐らく10ユーロ強だったはず・・・。

 

ビリニュス-トラカイ間

 ローカルバス 片道 1.8ユーロ

 乗り場などの情報はこちらのブログを参照願います。

 ヴィリニュスから1日観光!トラカイまでのアクセス方法

 

鉄道駅からステイ先、ステイ先からベラルーシ領事館までの移動などは

UBERを使いました。

 

 

 

 

 

ビリニュスで訪れた場所①

・ヴィリニュス大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170823161454j:plain

 

・Three Crosses

f:id:elmoloveme93:20170823161516j:plain

 

・ゲディミナス城

f:id:elmoloveme93:20170823161732j:plain

 

・夜明けの門

f:id:elmoloveme93:20170823164225j:plain

 

・オールドタウン

f:id:elmoloveme93:20170823161818j:plain

 

・The Church of St Theresa

f:id:elmoloveme93:20170823161848j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823162355j:plain

 

・UZUPIO RES PUBLIKA

・St Anne's Church

f:id:elmoloveme93:20170823162444j:plain

 

 

トラカイで訪れた場所

・教会

f:id:elmoloveme93:20170823162928j:plain

f:id:elmoloveme93:20170823163008j:plain

 

・湖

f:id:elmoloveme93:20170823163036j:plain

 

・トラカイ城

 

 

 

ベラルーシ通過ビザに関して

 ベラルーシに入国するためには、観光ビザか通過ビザが必要です。

 観光ビザの取得は難易度が高いらしく、今回は通過ビザを取得することにしました。

 通過ビザで入国する場合、滞在時間は2日間以内と定められています。

 例えば8月23日の午後11時に入国した場合、

 8月25日の午前0時までに出国しなければなりません。

 48時間滞在できるわけではないので注意が必要です。

 ★通過ビザ申請に必要なもの

  ①申請書(古い書式は受け付けてもらえません)

  ②証明写真(縦45mmx横35mm

  ③パスポート

  ④飛行機、バス、電車、いずれかのチケットのコピー

  ⑤保険証書のコピー(海外旅行保険とは別に加入する必要有)

  ※ベラルーシ大使館の向かい側に保険屋さんがあるので、

   そこで専用の保険に加入してから申請手続きを行いましょう。

   保険代は一人2.4ユーロでした。

   申請書は全て申請者が直筆で記入してください。

   大使館への入館は整理番号制です。

   番号が呼ばれるまで延々外で待機していなければならないので、

   何か暇つぶしグッズを持参することをおすすめします。

  ※今回、ビザの受け取りは申請日の二日後でした。

   受け取りの際も整理番号順です。

 

 詳しくはベラルーシ共和国大使館のホームページを参照願います。

 ビザの手続き - 駐日ベラルーシ共和国大使館

 ビリニュスにあるベラルーシ大使館

  Baltarusijos Respublikos ambasada, konsulinis skyrius

  Muitinės g. 41, Vilnius 03113 リトアニア

  

ヨーロッパ旅行記⑤

6月23日-6月25日@リガ

23日の午前中、タリンからバスに乗ってラトビアのリガへ移動。
リガでは旧市街にあるゲストハウスのドミトリールームに宿泊しました。

f:id:elmoloveme93:20170818204404j:plain

ホステルの看板

 


ここのドミトリールームがとっても可愛くて、女子的にテンション急上昇!!

f:id:elmoloveme93:20170818204500j:plain

 


しかもゲストハウスの入り口近くにCat's Hostelと書いてある猫専用のホステルを発見!

f:id:elmoloveme93:20170818204615j:plain


ランドリーサービスが最低だったことを除けば、

清潔で可愛くて立地も良くて大満足でした。

 

 

初日の夕方にHelloTalkというアプリで知り合った、
リガ在住の19才の男子大学生と彼のお友達に旧市街を案内してもらいました。
(ちなみに二人とも結構イケメンでした!!)
そしてその日の夜には、大きな広場で行われる夏至祭に連れて行ってもらいました。

f:id:elmoloveme93:20170818204733j:plain

 

 

リガの夏至祭についてですが、
地元の人は女性は花冠を、男性は葉っぱで出来た冠を被って参加していました。

f:id:elmoloveme93:20170818204757j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205021j:plain

 

 

ステージ上では歌と踊りが繰り広げられ、

22時頃には丘の上から火の付いた車輪がゴロゴロと落下してきました。

f:id:elmoloveme93:20170818205055j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205120j:plain

 

その車輪がキャンプファイヤーにぶつかって火を灯し、お祭りはクライマックスに。
暗闇の中で燃え盛る炎を見つめているとなんとも言えない不思議な気分に包まれました。

f:id:elmoloveme93:20170818205208j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205250j:plain

 


翌日は旧市街にある教会で行われるオルガンコンサートを聴きに行きました。
12時演奏開始で、料金は一人10ユーロでした。(円高の時に行きたかった…)
天気があまり良くなかったのでコンサートを聴いた後は早々に宿に戻り、

休んでいました。

 

夜ご飯は昨日お世話になった大学生を招いて、

みんなで手巻き寿司パーティーを楽しみました。
彼は日本に興味があり、現在日本語を勉強中とのこと。
日本に興味を持ってくれる外国人が意外と多いという事実をこの旅を通じて知り、
“もっと英語でコミュニケーション取れるように努力しないといけないなぁ…”

と改めて思いました。

 

 


25日の12時頃、バスに乗り込み、リトアニアビリニュスへ向かいました。

 

 


交通費
*タリン-リガ間
 長距離バス 16.5ユーロ

Eco Linesというバス会社を利用しました。
チケットはオンラインで購入可能です。
https://ecolines.net/international/en

リガでは夏至祭に行くためにトラムを利用しましたが、

お祭り当日はなんと料金が無料!
無料で乗り降りできて運が良かったです。

 

 

 

 

 

リガで訪れた場所
・自由の記念碑

f:id:elmoloveme93:20170818205342j:plain


・聖ペテロ教会

f:id:elmoloveme93:20170818205656j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205733j:plain


・ブラックヘッドハウス

f:id:elmoloveme93:20170818205805j:plain


・リガ大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170818205837j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205901j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205923j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818205956j:plain


・Three Brothers

f:id:elmoloveme93:20170818210034j:plain

 

・Cat House

f:id:elmoloveme93:20170818210112j:plain

f:id:elmoloveme93:20170818210141j:plain

 


タリンは可愛らしい街でしたが、リガは大人向けのお洒落感が強い街でした。
Laimaというラトビアで有名なチョコレート専門店が自由の記念碑の側にありました。
セレナーデというチョコレートが一番人気だそうで、よく売れていました。
Three Brothersというのは、

三軒隣り合って並んでいる随分昔に建てられた建物を指します。

Cat Houseは屋根の上に猫がいる建物のことで、

一階部分はごく普通のレストランでした。

 

 

リガで訪れたレストラン
・Lido

f:id:elmoloveme93:20170818210848j:plain


ロシアのmy-myと同じ、ビュッフェスタイルのレストランです。
旧市街に何店鋪もあったので気軽に利用できて便利でした。

 

 

ヨーロッパ旅行記④

6月21日-23日@タリン

ヘルシンキ15時出航の船でエストニアのタリンへ移動しました。

f:id:elmoloveme93:20170814104803j:plain

ターミナルの外観

 

f:id:elmoloveme93:20170814104825j:plain

ターミナルの内観:美しすぎてみんなで『うわぁ…』と声が出てしまいました。

 

f:id:elmoloveme93:20170814104859j:plain

乗り込んだ船が想像よりも豪華でびっくり・・・!!

 

f:id:elmoloveme93:20170814104929j:plain

こんな洒落たラウンジ、今まで見たことありませんでした。笑

 

f:id:elmoloveme93:20170814104958j:plain

船上からの景色

 

 

船に揺られること約二時間半。
バルト三国の一つ、エストニアに着岸しました。

 

港から真っすぐ歩いて約30分。
旧市街のタリンに到着。

f:id:elmoloveme93:20170814105502j:plain
入り口から既に可愛すぎてテンション急上昇。


そしてAirbnbで予約した宿はなんと、旧市街の中心部にありました。
シェアハウスのような宿でしたが、立地が良すぎて全員で大喜びしました。

 


22日の夕方にカウチサーフィンで知り合ったエストニア在住の美人さんに誘われて、
海岸まで夏至祭の前夜祭を見に行きました。
地元の人がキャンプファイヤーを囲んでいて、音楽に合わせて踊っている人もいました。

f:id:elmoloveme93:20170814105605j:plain
水面に映る夕日がとても綺麗で見惚れてしまいました。

 

この美人さんが他の日本人にも声を掛けていたらしく、
今回の旅で初めて自分たち以外の日本人旅行者に出会いました。
やっぱり日本人に出会うとホッとしてしまいます。
言語が不自由なく通じるからでしょうか。


旧市街を堪能し、23日の午前中にバスに乗ってラトビアのリガへ向かいました。

 

 

 

 

交通費
ヘルシンキ-タリン間
 船(フェリー) 片道2,300円

Eckerö Lineという船会社を利用しました。
ヘルシンキ-タリン間の航路が人気らしいです。
チケットはインターネットから購入しました。
チケットの発券方法はチケットカウンターで伺ってみてください。
完全に人任せにしていたので、はっきり覚えていません。すみません。

 

 

 

タリンで訪れた場所
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170814105712j:plain


・旧市庁舎

f:id:elmoloveme93:20170814105745j:plain


・ラエコヤ広場

f:id:elmoloveme93:20170814111535j:plain


・St Olaf's church

 奥に見える緑色のトンガリ屋根がオラフです。

f:id:elmoloveme93:20170814111558j:plain


・St Catherine's Passage

f:id:elmoloveme93:20170814105843j:plain


聖母マリア教会
・Paks Margareeta (海洋博物館)

f:id:elmoloveme93:20170814105921j:plain


・Viru Keskus (ショッピングモール)
・Stroomi Beach

 

聖母マリア教会の近くに展望台があります。
赤いトンガリ屋根が連なるおとぎの国みたいな景色を眺めることができます。

f:id:elmoloveme93:20170814110003j:plain

 

元気のある人は3ユーロ払って、St Olaf's churchの天辺に登ってみましょう。
美しい旧市街の街並みを一望することができます。

f:id:elmoloveme93:20170814110047j:plain

f:id:elmoloveme93:20170814110118j:plain

 

夏至祭の前夜祭はStroomi Beachという浜辺で行われていました。
浜辺までは旧市街からUberを利用して行きました。

 

NATURA SIBERICAの商品を買うために、

旧市街の入り口近くのショッピングモールにも行きました。
NATURA SIBERICAというのはロシア発祥のオーガニックコスメブランドです。
ヘアケア商品やボディケア商品を扱っており、
バルト三国にあるショップでは

バルト三国限定版を買えるという情報をGoogle先生に教えて頂いたので、
早速タリンのショップで探してみました。

 

f:id:elmoloveme93:20170814110659j:plain
なんとこれから行くラトビアリトアニアの限定版も一緒に売っていました。笑
パッケージが現地語表記だったので店員さんに英語に訳してもらって、
ヘアクリームを一つと、ハンドクリームを2つ買いました。

デザインが可愛い・・・!!!!!

 

 


タリンで訪れたレストラン
・DRAAKON

f:id:elmoloveme93:20170814110825j:plain

f:id:elmoloveme93:20170814110857j:plain

f:id:elmoloveme93:20170814110927j:plain

スープとミートパイを食べました。
テーブルに置いてあるキャンドルが、ほぼ真っ暗な店内で揺らめいているのがロマンティックでした。
雰囲気最高なんで是非訪れてほしいお店です。

ちなみに、何か一品注文すると、大きいピクルスが丸々一本無料で付いてきます。

しかもセルフサービスです。豪快。

 

 

タリンは街並みがとっても素敵で可愛くて散歩していて凄く楽しかったです!!

ヘルシンキを訪れる際は是非タリンにも寄り道して頂きたいです。

時間に余裕があればタリンで宿泊するのも良いと思います!

f:id:elmoloveme93:20170814112007j:plain

f:id:elmoloveme93:20170814112037j:plain

f:id:elmoloveme93:20170814112116j:plain

旧市街の風景と偶然見つけたお洒落なベンチ♪♪

 

ヨーロッパ旅行記③

6月19日-21日@ヘルシンキ

19日の15時頃、サンクトペテルブルクから特急列車に乗って

フィンランドヘルシンキへ移動しました。

所要時間は約4時間強。

出国・入国審査は車内で行われました。

フィンランドシェンゲン協定に加盟しているので

この時点から90日以内はシェンゲン協定加盟国を自由に出入りできます。

まぁ、旅してる時はそんなこと全く考えてなかったです。

初の北欧上陸に完全に浮かれていました。笑

f:id:elmoloveme93:20170809175717j:plain

ヘルシンキ行きの列車が発着する駅の外観

 

f:id:elmoloveme93:20170809175742j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809175803j:plain

列車の外観 

 

 

Airbnbを使って借りたアパートメントが

とっても北欧っぽいお洒落なお部屋だったのでめちゃくちゃ興奮しました。笑

しかも浴室にサウナがあってますますテンション上がりました!!

写真撮っておけば良かったなー。

 

二日目の夕方に、カウチサーフィンで知り合ったヘルシンキ在住の女性とお茶してきました。

プロフィールに載せていた写真に興味を惹かれ、是非会ってみたいと思ったそうです。

そんなことを言ってもらえて、純粋に嬉しかったなぁ!

 

私より10歳も年上の綺麗な女性でしたので変に緊張していましたが、

旅行で東京に行ったことがあるらしく、日本の話題で楽しくお喋りできました♪

 

『さっきタトゥーを彫ってきたばかりなの!』

と言い、右腕の内側に掘られたタトゥーを見せてくれましたが、

“綺麗な真っ白い腕をしてるのにタトゥー彫るとか勿体無いなぁ・・・

ていうか痛そう・・・泣”

と思ってしまいました。

ヨーロッパではタトゥーを彫るのはみんな普通にやっていることなのでしょうが、

痛がりな私には縁がなさそうです。

 

街歩きのついでにヘルシンキで一軒しかない猫カフェを案内してもらいました。

外から窓越しに可愛い猫を一緒に眺めて解散しました。

また世界のどこかで会えたらいいな!!

 

 

21日の昼頃にヘルシンキ中央駅からトラムに乗って港へ向かい、

15時15分出航の船でエストニアのタリンに向かいました。

f:id:elmoloveme93:20170809211409j:plain

ヘルシンキ中央駅

 

 

 

交通費

サンクトペテルブルク-ヘルシンキ

 特急列車 片道約60ユーロ

ヘルシンキ2daysPass

 13.5ユーロ

 

列車のチケットは専用のWebページから購入しました。

https://www.vr.fi/cs/vr/en/frontpage

料金はクレジットカードで支払いました。

E-チケットのように印刷して、改札でパスポートと一緒に提示しましょう。

ルーブルからユーロへの両替は、

車内にいた綺麗な両替屋のお姉さんにお願いしました。

硬貨は両替できませんでした。

 

2daysPassは列車・メトロ・トラム・バスの共通券で、

最初の利用から48時間以内であれば何回でも乗り降りできます。

全ての公共交通機関を自由に利用できたので、移動がとっても便利でした。

乗る時はこの共通券を車内にある指定の機械に必ずかざしてください。

ピッと短めの音が鳴ればOKです。

 

 

ヘルシンキで訪れた場所

ヘルシンキ大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170809175845j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809175907j:plain

 

生神女就寝大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170809175934j:plain

 

・カンピ教会

f:id:elmoloveme93:20170809175958j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180021j:plain

 

・アカデミア書店

f:id:elmoloveme93:20170809180104j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180137j:plain

 

ムーミンショップ

f:id:elmoloveme93:20170809180216j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180241j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180306j:plain

 

マリメッコ本社

f:id:elmoloveme93:20170809180341j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180406j:plain

 

テンペリアウキオ教会

f:id:elmoloveme93:20170809180441j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180509j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180541j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180607j:plain

 

・NIDE

f:id:elmoloveme93:20170809180637j:plain

 

かもめ食堂

f:id:elmoloveme93:20170809180711j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180739j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180810j:plain

フィンランド名物ブルーベリーパイが食べたかったのですが

メニューになかったので代わりにブルーベリーチーズケーキを食べました。

 

・リンナンマキ遊園地

f:id:elmoloveme93:20170809180841j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180918j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809180949j:plain

ジェットコースターが割と本格的で怖そうだったので乗りませんでした。

 

 

カンピ教会とテンペリアウキオ教会は日本にはない造りの教会なので、

デザインに興味がある人にはとてもおすすめです

 

本や雑貨が好きな人にはアカデミア書店とNIDEをおすすめします。

NIDEというお店がある道沿いにはお洒落な雑貨屋さんや服屋さんも

たくさんあるので、お買い物が好きな人にもおすすめです。

f:id:elmoloveme93:20170809181245j:plain

適当に入った雑貨屋さんでウェルカムドリンク頂きました。美味しかった。

 

f:id:elmoloveme93:20170809181312j:plain

リトルミイ発見!! 

 

 

フォトジェニックな写真が撮りたい人はマリメッコ本社に行き、

社員食堂でご飯を食べましょう。

自分で好きな食器を選んで、食べたい料理を盛り付けていくスタイルです。

量の制限はありません。取り放題です。食べたいだけ盛りましょう。

料金は11ユーロでした。

f:id:elmoloveme93:20170809181037j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809181142j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809181214j:plain

 

リンナンマキ遊園地は大人も子どもも楽しめるスポットですので、

市内から少し距離はありますが、トラムに乗って是非行ってもらいたいです。

https://www.linnanmaki.fi/

 

 

*おまけ

 北欧の観光スポットが載っている素敵なサイトを見つけましたー!

 古い情報もあるらしいので、最新の情報はGoogle先生に教えてもらいましょう。

 http://fika10.com/index.html

 

ヨーロッパ旅行記②

6月17日-19日@サンクトペテルブルク

17日の午前中にモスクワからサンクトペテルブルクへ新幹線で移動しました。

所要時間は約4時間。車内はとても綺麗で快適でした。

f:id:elmoloveme93:20170809125316j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125338j:plain

サンクトペテルブルク行きの新幹線の外装

 

f:id:elmoloveme93:20170809125359j:plain

車内の様子

 

f:id:elmoloveme93:20170809125424j:plain

車窓風景

 

二日目にはカウチサーフィンを通じて知り合った、

サンクトペテルブルク在住のロシア人男性と一緒に観光しました。

なんとこの人、日本語を話すことが出来るんです・・・!!!

外国人って凄いなぁ。

お互い大の猫好きだったので、猫の話で盛り上がったことは忘れられない思い出です。

ロシア人って猫好きな人多いなぁ。

 

最終日は13時まで自由行動にしようという流れになり、

あまりにも天気が良かったので一人で宮殿広場まで行ってきました。

冬宮殿の横を流れる大きな川がとても美しかったです。

f:id:elmoloveme93:20170809130916j:plain

 

19日の15時頃に特急列車でフィンランドヘルシンキへ向かいました。

入出国ともに、イミグレーションは車内で行われました。

ロシア入国の際に貰ったイミグレーションカードは出国審査官に回収されました。

 

 

 

交通費

*モスクワ-サンクトペテルブルク

 新幹線 片道約7,000円

*メトロ(地下鉄)

 一回券が40ルーブルだったはず

 

新幹線のチケットはインターネットの代理店を通じて購入しました。

支払いはPayPalを利用したので、クレジットカードが使えるかどうかはわかりません。

駅に設置してある発券機でチケットを発券してから乗車してください。

 

モスクワ同様、メトロを利用してどこでも行けます。

モスクワはカード式、サンクトペテルブルクはコイン式の切符でした。

今回、バスとトラムは利用していません。

f:id:elmoloveme93:20170809132052j:plain

 

 

 

サンクトペテルブルクで訪れた場所

・血の上の救世主教会

f:id:elmoloveme93:20170809125616j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125720j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125742j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125811j:plain

 

・聖イアサク大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170809125844j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125912j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809125935j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809130001j:plain

 

・スモルニー修道院

f:id:elmoloveme93:20170809130030j:plain

 

・旧海軍省

f:id:elmoloveme93:20170809130310j:plain

 

・冬宮殿

f:id:elmoloveme93:20170809130451j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809130514j:plain

 

・宮殿広場

f:id:elmoloveme93:20170809130835j:plain

 

 

血の上の救世主教会を目指して適当に歩いていたら、

ポルトガルのアゲダによく似た景色を発見!!

f:id:elmoloveme93:20170809130612j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809130634j:plain

何のイベントだったんだろう?

 

 

血の上の救世主教会がある広場では、サッカーの招致イベントが行われていました。

f:id:elmoloveme93:20170809132309j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809132333j:plain

 

 

ロシアは美しい宮殿や教会、美術館がたくさんあり、見所満載でした。

地下鉄駅の装飾もとても綺麗で、駅ごとにデザインが異なっていました。

f:id:elmoloveme93:20170809132704j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809132729j:plain

f:id:elmoloveme93:20170809132751j:plain

宮殿広場の最寄駅Admiraltyの構内

 

英語はあまり役に立ちませんでした。

マクドナルドのメニューですらキエル文字(ロシア語)表記だったくらい、

英語で書かれた看板や標識などは見かけませんでした。

Google翻訳のアプリにロシア語のデータをダウンロードしておくと便利かもしれません。

 

ヨーロッパ旅行記①

6月13日-16日@モスクワ

今回の旅はロシアのモスクワから始まりました。

中国南方航空を利用し、関空から広州乗り継ぎで飛行時間は合計約14時間。

機内食もアメニティーも付いていて快適でしたが、

航空券を購入する際に気をつけて頂きたい点があります。

それは、通過ビザです。

中国での乗り継ぎの際、通過ビザが必要かどうかよく確認してから購入してください。

今回私が利用した便は通過ビザ不要でした。

※公式サイトから予約を行う場合は、画面上にビザに関する注意書きが表示されます。

f:id:elmoloveme93:20170808194616j:plain

機内食:蕎麦とパスタを組み合わせるって素敵。

 

 

13日の19時頃、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港(SVO)に到着。

日本とロシアの時差はマイナス6時間なので、日本は既に14日の午前3時です。

カウチサーフィンで家に泊まっても良いと声をかけてくれたホストの元に向かうため、

アエロポートという列車に乗ってモスクワ市内へ。

更に終点駅で地下鉄に乗り換えて待ち合わせの場所へ。

到着したのがかなり遅くなってしまい、23時前にようやくホストと合流できました。

f:id:elmoloveme93:20170808194811j:plain

シェレメーチエヴォ国際空港(SVO):時刻は19時頃

 

f:id:elmoloveme93:20170808195400j:plain

夜のモスクワ:時刻は23時前

 

このホストがとても優しい人だったんです。

しかもイケメン。笑

バスルーム、洗濯機、キッチン、wifi、全て自由に使っていいと言われ、感動。

また、事前に得ていた情報通り、お付き合いされている彼女さんと

一緒に暮らしていたので安心して泊まることができました。

f:id:elmoloveme93:20170808195751j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808195822j:plain

ホストの飼い猫のマックス君:猫大好き人間なのでめちゃくちゃ癒やされました♡

 

彼の家には二泊もお世話になりました。

二泊目の夕方に

『今日は帰りが遅くなると思うから家の鍵渡しておくよ!

 市内の中心で会おう!』

と連絡が来た時は、

“なんか知らんけど私、めっちゃ信用されてるやん・・・”

と思ってしまいました。笑

何気にカウチサーフィンで知り合った人の家に泊まるのは初めてだったので

結構緊張していましたが、良いホストに出会えて本当に良かったです。

 

15日の夕方に他のメンバーと予定通り合流し、

ルーマニアまでの大きな旅がついに幕を開けました。

モスクワには三泊四日滞在し、その後、新幹線でサンクトペテルブルクへ向かいました。

 

 

 

交通費

関空-モスクワ間

 航空券 片道38,920円

*空港から市内まで

 アエロポート 片道500ルーブル

*メトロ(地下鉄)

 一回券 55ルーブル

 券売機とチケットカウンターで購入可能。

 頻繁に地下鉄を利用するなら回数券を購入した方がお得です。

 回数券は券売機では買えません。

 チケットカウンターのおばちゃんは英語が通じないので、

 ロシア語で「回数券がほしい」と書いたメモ用紙を見せるとスムーズに買えるはず。

 

モスクワで訪れた場所

赤の広場

f:id:elmoloveme93:20170808200233j:plain

 

クレムリン

f:id:elmoloveme93:20170808200540j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808200610j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808200730j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808200811j:plain

 

・ダム百貨店

f:id:elmoloveme93:20170808200329j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808200902j:plain

 

聖ワシリイ大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170808201003j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808201052j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808201132j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808201221j:plain

 

ボリショイ劇場

f:id:elmoloveme93:20170808201322j:plain

 

・レーニン廟

・救世主ハリストス大聖堂

f:id:elmoloveme93:20170808201407j:plain

 

・子ども百貨店

f:id:elmoloveme93:20170808201450j:plain

f:id:elmoloveme93:20170808201535j:plain

 

モスクワで訪れたレストラン・カフェ

・my-my(ムームー)

 https://www.cafemumu.ru/

・Varenichnaya No 1(Вареничная №1)

 http://varenichnaya.ru/

 

 

赤の広場にほとんどの観光スポットが集まっています。

歩き疲れたらダム百貨店に行ってジェラートを食べましょう。

子ども百貨店の屋上からは無料でモスクワの景色を眺めることができます。

f:id:elmoloveme93:20170808201643j:plain

ダム百貨店で食べたジェラート

 

f:id:elmoloveme93:20170808201754j:plain

子ども百貨店屋上からの景色

 

my-myはセルフサービスのレストランです。

バイキング形式なので、指差しで食べたい料理を頼むことができます。

おまけで付いてきたキャラメルが美味しかったなぁ。

Вареничная №1はロシアで人気のお洒落カフェです。

内装がとっても可愛いのでおすすめです!

f:id:elmoloveme93:20170808201856j:plain

 my-myで食べたご飯:サラダと主食とボルシチで360ルーブル(約660円)

 

f:id:elmoloveme93:20170808202128j:plain

Вареничная №1のメニュー:英語のメニューはありませんでした。

              店員さんに訳してもらいましょう!国際交流!

 

 

ロシア観光ビザ申請

ロシアに行きたい人は査証を申請しましょう。

 

申請の手順

①ロシア外務省領事局の専用サイトhttps://visa.kdmid.ruにアクセスして

 申請書を入力し、印刷する。

https://www.travelrussia.su/en/visa.tourist.phpにアクセスして

 バウチャー(Invitation Letter)を購入し、印刷する。

③申請書とバウチャー、顔写真、パスポートを用意して

 管轄のロシア大使館・ロシア領事館に向かう。

④指定された日にパスポートを受け取りに行く。

 

 

申請書を入力するサイトは英語から日本語表示に切り替えることができるので、

誰でも簡単に入力できると思います。

受け入れ先の旅行会社に関して入力を求められるので、

そこにはバウチャーの発行先の情報を入力しておきましょう。

 

バウチャーを購入する際、行き先と宿泊先を入力しなければなりませんが、

宿泊先が確定していない場合は、適当なホテル名を入力しておけば大丈夫です。

ただし、一都市に7日間以上滞在する場合は、

申請の際に滞在証明という用紙が追加で必要なので正確に入力しておきましょう。

支払いにはクレジットカードが利用できます。

私が購入した時は、SINGLEで799ルーブル(約1,600円)でした。

 

申請をしてから2週間後の受け取りの場合、申請料は無料です。

受け取りを急ぐ場合、日数によって申請料が発生します。

私が申請した在大阪ロシア連邦領事館では

最大で一万円の申請料が発生すると書いてありました。(高い)

 

 

より詳しい情報は下記のサイトをご覧ください。

 

*ロシアビザ取得についての総合案内

 http://www.russia-emb.jp/japanese/consular/service/

ロシア大使館・領事館のアクセス、開館時間

 http://www.russia-emb.jp/japanese/access.html

*ロシアビザ申請書の入力方法

 http://visa-russia.jp/ex-ol/

*ロシアビザ取得に関して(代行サービス)

 https://www.tokutenryoko.com/service/visa/20

 

 

余談ですが、

私は領事館の中に入る時、警官の方に身分証の提示を求められました。

運転免許証を持参しておくと良いと思います。

また、申請書類は受付時間内でしか受け取ってくれません。

前の人の順番を待っている間に時間が過ぎたらまた出直さなければなりません。

日によって混雑していることもあるので早めに向かうことをおすすめします。

 

f:id:elmoloveme93:20170807165749j:plain

在大阪ロシア連邦領事館の外観